Photographed by Yoshihiro Hirai

#IT系写真家 の ヒライ ヨシヒロが日々写真やカメラについて思ったことを綴るブログです。

フィルムカメラで写真を撮影する理由

自分がフィルムカメラで写真を撮影する理由が急に明確になった

自分の中でフィルムカメラで撮る理由を他人に説明出来なかったけど「ああ、なんかこれかも」と、しっくり来たのでそれを書いてみる。

フィルムカメラで写真を撮る理由

まず写真を撮る時に考えている事

自分は「この場の空気感まで切り取り(撮り)たい」「写真に収めたい」と考え写真を撮る。その結果「フルサイズセンサーのカメラ」と「性能の良いレンズ」で撮ることが増え、結果Canon5Dmk4やLレンズに落ち着いた。

センサーサイズの性能で夜撮ってガビガビになったり、ホワイトバランスが変になったり、収差等で歪んだりすると「空気感」が切り取れていないように感じるから。

しかし、元アリtoキリギリスの石井正則さんのお話を聞いて少し変わった

先日、恵比寿にある写真集食堂めぐたまでの石井正則さんの駄カメラのトークイベントの中でおっしゃっていた一言によりフィルムで撮る意味合いがバチっと来た。

megutama.com

石井正則さんがトークショーの中で

「フィルムで撮影するとその場の光や空気をフィルムに焼き込んでいる」

とおっしゃった言葉がスッと入ってきた。確かにフィルムはその時の光と空気が閉じ込められている。まさしく空気を切り取っていると言っても過言ではない。

 

フィルム写真は空気を焼き混んでいる、という視点でフィルム写真を見直してみる

フィルムカメラで写真を撮る理由

この渋谷のこの風景もこの時の光や空気、渋谷の排気ガスもまでも、きっとフィルムには焼き込まれている。

 

フィルムカメラで写真を撮る理由

この朝の通勤時間の誰かの『会社に行きたくないなぁ』ってため息も焼き込まれているかもしれないし

 

フィルムカメラで写真を撮る理由

このもんじゃ焼きの匂いは確実にフィルムに焼き込まれていると思うし

 

フィルムカメラで写真を撮る理由

この帰宅ラッシュ時よ「うぉおお、俺は生きて家に帰るんだ!」という熱気もフィルム写真には行きこまれているはずだし

 

フィルムカメラで写真を撮る理由

2人ともサンダルなので、きっと暑かったであろう空気もフィルム写真には焼きこまれているだろうし

 

フィルムカメラで写真を撮る理由

ファミレスで食べてるポテトフライの油の匂いまでもきっとフィルム写真には焼きこまれてるはず。

 

見返して見ると、確かにフィルムにはその場の空気と光とその他諸々が焼き込まれ、閉じ込められたんだろうと思った。それを思うとフィルムで撮るのはデジタルとちょっと違うな、と。

 

この時代、フィルム代も現像代も色々とかかるフィルム写真は、そういうデジカメでは残せない、その場の空気まで焼き込めるから、その分の手数料と考える事にする。