Photographed by Yoshihiro Hirai

ヒライ ヨシヒロが日々写真やカメラについて思ったことを綴るブログです。

フィルム交換ができる写ルンです!?LomographyのSimple Use Film Camera(レンズ付フィルム) を買って、撮って、フィルム交換してみた。

LomographyのSIMPLE USEを買おうと思った理由は

「写ルンです!の手軽に撮れる感じが良いなぁでも普通のフィルムカメラよりコスパ悪いなぁ、、、。何か良い方法は無いのだろうか?」と同じ考えを持っている人は、日本、いや世界でもかなり多いはず! そんな事を考えていた時に、LomographyがSIMPLE USEというフィルム交換ができるレンズ付きフィルムを発売する!というニュースが。

dc.watch.impress.co.jp

 

見た目完全に写ルンですですが、『自分でフィルム交換が簡単に出来る!』なんて素晴らしい!Marvelous!

ちなみにLomography Simple Use Film Cameraは3種類あります

  1. Color Negative 400 ¥1,680
    カラーネガフィルム+カラーフラッシュ
  2. LomoChrome Purple ¥2,380 → 特別価格 ¥1,666

    LomoChrome Purpleフィルム+カラーフラッシュ

  3. Black and White ¥1,680
    白黒フィルム(カラーフラッシュ無し)

オススメはColor Negative 400かLomoChrome Purpleです。何故ならBlack and Whiteは「フラッシュのカラーフィルム」がついていないのです。白黒フィルムが使いたいとしても、まずはColor Negative 400かLomoChrome Purpleを使ってから、白黒フィルムにしたほうが良いと思います。

LomographyのSIMPLE USEのスペック性能

入っているフィルムはISO400(*)
シャッタースピード: 1/120秒
絞り: f/9

 *:LomoChrome PurpleはISO 100-400

早速買いました。ロモグラフィーの写ルンです、シンプルユーズフィルムカメラ。

Simple Use Film Camera略してSUFC。

前記ですが、見た目は写ルンです。しかし、こいつは「フィルム交換ができる」という特徴を持ってます。

そして何よりフラッシュにカラーフィルターを装備しているので、ストロボを炊くと色がつきます。

写りが気になりますよね?こんな感じです。

LomographyのSimple Use Film Camera

ストロボ無しで撮影

 

LomographyのSimple Use Film Camera

ストロボ無しで撮影

 

LomographyのSimple Use Film Camera

普通のストロボ撮影

Lomography Simple Use Film Camera

黄色のフィルターにしてストロボ発光

 

Lomography Simple Use Film Camera

ムラサキ色のフィルターにしてストロボ発光

 

LomographyのSimple Use Film Camera

赤かピンク色のフィルターにしてストロボ発光

 

こんな感じです。

Lomography Simple Use Film Cameraはどこで買えるの?

秋葉原にあるLomography+とオンラインショップ

shop.lomography.com

そのほかLomography Simple Use Film Cameraが買える実店舗はこちら

www.lomography.jp

https://catalog.shop.lomography.com/catalog/product/cache/22/image/1500x1000/040ec09b1e35df139433887a97daa66f/l/o/lomography_simple_use_film_camera_color_negative_400_packaging.jpg

こんな箱に入ってヨドバシカメラ、ビックカメラ、カメラのキタムラあたりであればだいたい売ってます。

 

Lomography Simple Use Film Cameraのフィルム交換方法

1.Simple Use Film Cameraの本体横にあるこのつまみを下に下ろす

2.Simple Use Film Cameraの裏蓋を開きます。

撮り終わった状態になると、このようにフィルムが全て中に入った状態になっているはずです。

3.交換用フィルムを用意します。 

自分はロモグラフィーのCOLOR NEGATIVE 400を愛用してます。

どこのフィルム使っても大丈夫ですが

入っていたフィルムがISO400
シャッタースピード: 1/120秒
絞り: f/9

なので、そのあたりを考えたフィルムを入れた方が良いと思います。

よくわからない!って人はISO400をとりあえず入れておけばOK!

4.Simple Use Film Cameraにセットします。

爪にきちんとフィルムがひっかかるようにします。

Lomography Simple Use Film Cameraフィルム交換時のちょっとしたコツ

こんな感じでマスキングテープでちょっと止めます。最後は巻き切るときに粘着力弱いのでフィルムだけが外れます。と言っても毎回うまく行くのかはわからないので、やる場合は自己責任で。これをあえて書いたのはこの後に記述します。

5.Simple Use Film Cameraの本体裏のスイッチを押します。

5.Simple Use Film Cameraの本体裏のスイッチを押しままクルクル回します。

これなにやっているかと言うとフィルムを本体から巻き出しています。撮り終わると本体には全部収納されている、という状況になるわけです。

Lomography Simple Use Film Cameraでフィルム装填失敗した時用にHCL フィルムピッカー

Lomography Simple Use Film Cameraはフィルムを自分で交換出来る写ルンですみたいなものなのですが(入れ替えたら、その後は動作保証対象外)、フィルムを入れ替えた後に、1度すべてをフィルムから巻き出す作業が必要です。

 

自分はLomographyのフィルムLomography Color Negative 400 ISO 35mmを使っているのでグルグルグルグルと36枚分巻きます。

 

何度か交換して問題なかったのですが、なれというものは怖いですね。1回だけ「あ!」となった事があります。

 

この作業、一気に巻けば問題ないのですが、途中で疲れたりして、レバーを話してしまい本体の中でフィルムがビュルん!と緩まる感覚があったのです。

 

再度巻き直して上手く行くなら良いですが、カラカラした音がして、うまく行きませんでした。恐らくフィルムを引っ掛ける部分が抜けてしまったのだと思います。

 

このまま蓋を開けると感光してしまいフィルムが使い物にならなくなるので、1度カメラの本体の中でフィルムを全部巻き切って、もう一度最初からやり直すという事にします。

 

しかし、巻ききると頭のベロがなくなります。そこでピッカーの出番です。使い方などは本体の説明書かネットで調べていただくと良いと思います。これは1個安いので念のために持っておくと良いと思います

このピッカーでベロ出してからまた最初から同じ作業をやり直します。これがいやだったのでマスキングテープで仮止めをするように最近はしてます。

Lomography Simple Use Film Camera作例

Lomography Simple Use Film Camera作例

Lomography Simple Use Film Camera作例

 Lomography Simple Use Film Camera使って見た感想

写ルンですのように手軽に使えて、ストロボもついていて、フィルム交換もできるので、35mmフィルムカメラ入門機として良いと思います。