Photographed by Yoshihiro Hirai(ヒライ ヨシヒロ)

ヒライ ヨシヒロが日々写真やカメラについて思ったことを綴るブログです。

渋谷Bunkamuraの写真家ドアノーの写真展を通常より安くたった300円で見れた!

渋谷Bunkamuraの写真家ドアノーの写真展は通常は1,500円なんですが…

www.bunkamura.co.jp

通常当日券の価格は1,500円。別に前売り券とか頭に全くなかったので、普通に見にいくつもりだったのですが、アクセスチケット渋谷店の前を通ったら「写真家ドアノー300円」と書かれて販売されているのが目に入って、「えええ?300円なの!?」と即買いですよ。このチケットはいわゆる株主優待の招待券。はー!なるほど!そんな方法あったか!

渋谷Bunkamuraの写真家ドアノーの写真展を300円で見る方法

という事で渋谷Bunkamuraでやっている写真家ドアノー/音楽/パリ 写真展を300円で見る方法でした。以下は写真展を見て感じた事とかの感想とかとか。

写真家ドアノー/音楽/パリ 写真展の内容など

中は撮影禁止でしたので自分のメモなどをつらつら書いてみます。

ドアノーの時代は

最初はでかい木箱のカメラ。1930年代にはローライフレックス。1950年代にはライカ。技術がなければ成立しなかった写真家という職業は、やがて誰もが簡単に写真を撮れる時代になると、記録の重要性だけではなく、その表現が問われるようになっていく。

と書かれていて、今のデジカメからスマホカメラで言われてるようなことが約70年前からいわれていて、昔から同じような状況だったんだなぁと。

恐らく

フィルム→デジカメ、の時も言われていたのではないかな?

  • でかい木箱→ローライフレックスの時
    「記録の重要性だけではなく、その表現が問われる」
  • ローライフレックス→ライカの時
    「記録の重要性だけではなく、その表現が問われる」
  • ライカ→オートフォーカスの誕生

    「記録の重要性だけではなく、その表現が問われる」

  • フィルム→デジカメ

    「記録の重要性だけではなく、その表現が問われる」

  • スマホ登場

    「記録の重要性だけではなく、その表現が問われる」

人類はあまり成長してないのか!? 

最初のドアノーのお言葉

ドアノーの言葉がたまに壁に書かれていまして、なかなか面白かったです。

見た人に物語の続きを想像してもらえるような写真が撮りたい。 

あー凄いわかるー。なんかそういう写真撮りたい。 

共同住宅1962年の写真

アパートの外観に部屋の写真を後からコラージュする。今でいうとフォトショの合成に近い。こんな時代のカメラマンでもコラージュとかやっていたんだよなぁと。

1955年あたりからカラー写真が混ざりだす。

ドアノーの言葉

記録は熟成する 

 奥深いな。。。

コマ回し、La Toupie。

なんか面白かった気がするけど忘れてしまった。人の記憶がいかに曖昧で適当なのか。。。 

1944

ワインの地下貯蔵庫を改装したジャズクラブで、トップミュージシャンの演奏が毎晩どこかで聴ける幸せな時代。

今ならYouTubeやクラブハウスなのかな?

スタジオ5

ポートレートは彼らの職場で撮影した。被写体となる人物の仕事場を選ぶことを好んだが、それは彼らの緊張感を和ませるテクニックの1つ。

 これはよくやりますよね。僕の大好きなアーノルドニューマンもそうやってた。

 

ドアノーの言葉

写真を撮るために狩りはしない。

ひたすら待ち伏せするだけだ。

モーリスバケ

これは面白かった。コンセプトが「真剣にバカをやろう」という作品だそうで。 

youtu.be

 1:46あたりからがモーリスバケ。

裸のチェリスト

2回出てきて何でだ?と思ったけど2回目は笑うw

確かに!これは!!と思うので必見。 

水による波長調

センス良すぎる!
引用:www.gettyimages.co.jp

雨の中のチェロ

チェロケースが濡れないように傘をさしているが見方によってはロングヘアーの女性に傘をさしているようにも見えるから不思議だ。

引用:www.gettyimages.co.jp

 

柵を越えて

音楽は時に現実逃避になる。チェロと一緒ではなかなか難しいけれど。

  

そして、1982年にすでに蝶のインスタ映えする壁がある。1982年からすでに映えは始まっていたか。。。

 

モーリスバケは写真集が出ているということで「チェロと暗室のためのバラード」というタイトルらしい。欲しいわー。

 

 渋谷Bunkamuraの写真家ドアノーの写真展概要

www.bunkamura.co.jp

開館時間
10:00-18:00(入館は17:30まで)
毎週金・土曜日は20:00まで(入館は19:30まで)

※金・土の夜間開館につきましては予定のため、変更になる可能性もございます。
詳細はこちら http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_doisneau/topics/yakan.html
※2月5日(金)、6日(土)は夜間開館はございません。

 17時半以降の入場者にはポストカードが配られていました。

 

 

会期は2021年3月31日まで!

 

この記事が少しでも良いと思ったり役に立ったら以下のいいね!シェアボタンなど宜しくおねがいします。 

お題「カメラじゃなく、写真の話をしよう」 

お題「見に行った写真展の感想は?」