Photographed by Yoshihiro Hirai

日々写真やカメラについて思ったことを綴るブログです。

想像以上に綺麗に撮れた、京セラ サムライ KYOCERA SAMURAI X3.0。電池交換もした。

京セラ SAMURAIとの出会いは三宝カメラ!

目黒にある三宝カメラは駐車場があるので、近くを車で通ったらフラッと立ち寄っている。今日はショーケースに前から探していたKYOCERA SAMURAI X3.0を発見!店員さんに声かけてショーケースの中から出していただき動作確認。

 

シャッター→OK

ストロボ→OK

 

程度ABで5,400円だったので、即買い。

f:id:yoshihiro1105:20180903133412j:image

ただ、自宅に帰ってから日付がチカチカする事に気がつく。ネットで調べるとこれは日付用の電池が切れている証拠との事なのでCR2025のボタン電池を交換。ネット素晴らしい!

京セラ サムライの日付用電池交換方法

f:id:yoshihiro1105:20180903133405j:image

1.シャッター脇のネジを外す。


f:id:yoshihiro1105:20180903133415j:image

2.電池交換。

フレキシブル基板を傷つけないように注意。

そして電池の上下、プラスマイナスはこの形。

京セラ サムライの電池はCR2025のボタン電池です。


f:id:yoshihiro1105:20180903133402j:image

3.爪に注意して元に戻す。

結構簡単。

 

これでKYOCERA SAMURAIの日付の点滅が治りました。

京セラサムライの本体の電池は2CR5

このグリップのネジを外すと出てきます。グリップついていたのも購入する決め手に。普通はストラップらしいけど、グリップのほうが良さそうだったので。

そもそもKYOCERA SAMURAIって?

35ミリのフィルムを使うハーフサイズカメラです。ハーフサイズとは1コマを半分使って撮影するので1コマで2枚撮れる感じ。そのかわり解像度的なものも半分。

京セラサムライ発売時期

  • 1987年11月 サムライ×3.0 ←自分のはコレ
  • 1988年12月 サムライ×4.0
  • 1989年7月  サムライZ/Z-L
  • 1989年9月  サムライZ2/Z2-L

Kyocera Samurai x3.0
 ●レンズ:Kyocera Zoom Lens 25mm-75mm 1:3.5-4.3
   25mm/F3.5~75mm/F4.3(35mm判換算35~105mm) 
 ●シャッター:1/500~2秒
 ●合焦方式:位相差検出方式オートフォーカス 1m~∞
 ●露出制御:2分割SPD素子によるプログラムAE
 ●連動範囲:TELE時=EV10~18、WIDE時:EV9~18
       夜景モード=EV3~18
 ●ストロボ:内蔵固定式 自動発光、夜景(発光禁止)
       スローシンクロ、連動範囲=1.3m~3m
 ●当時価格:59,800円発売:1987年
 ●サイズ:67×117×126mm 560g(電池別)

blog.goo.ne.jp

 

 

三宝カメラさんでは買った証拠みたいなのを撮影してもらうとフィルム貰えますので、以下のフィルムもらいました!
f:id:yoshihiro1105:20180903133408j:image

24枚撮りなので、2倍で48枚撮りに。撮るの結構大変だな…と思っていたけど、以外と撮れた。

KYOCERA SAMURAI X3.0の写り

FUJICOLORのISO100の24枚で撮ってます。ハーフカメラなので1コマに2枚写ってます。よくあるハーフカメラは縦撮りになる事が多いのですが、SAMURAIは横になるのが良いですね。

ちゃんと組み写真のように撮ると結構面白いことできそう。

 

こんな感じでPhotoshopとかでトリミングしても良いかも。